而今とは

而今の由来

 而今(にこん)は禅語であり、曹洞宗 道元禅師の唱えた言葉です。
「いはくの今時(こんじ)は人人(にんにん)の而今(にこん)なり。
我(われ)をして過去未来現在を意識せしめるのは、いく千万なりとも今時(こんじ)なり、而今(にこん)なり。」の言葉にあるように、「今と言う瞬間に成すべき事をなす。」日々精進し日本料理を突き詰める気持ちを忘れないよう、この看板を掲げました。

 若干33歳、奈良、京都の有名料理店にて修行を重ね、14年間が経ちましたが、まだまだ未熟な状態での独立です。研究を惜しまず、日々進化していきたいと思っています。
人生マイナスになる時もありますが、常にプラスに考えて生きていくことでより良い方向に進めるはずです。

料理について

 昼5,000円、夜12,000円のおまかせコースを月替わりでご準備しております。
 食材の盛り(さかり)の時分に、最も食材を引き立たせる調理を施し、独創的な懐石をご用意いたします。

こだわり

・土佐備長炭
 土佐の備長炭を仕入れ、焼き物に使用しております。
炭焼きは日本料理においては欠かせない調理法です。素材の脂が炭に落ちることで燻製のような独特の香りが生じ、皮はパリッと身はふっくら焼くことができます。

・おくどさんで炊き上げるお米
 お米は富雄の農家さんから仕入れ、二日おきに精米しております。このお米をおくどさんで香高く炊き上げます。

・魚
 店主が毎朝市場に足を運び目利きした、その時期に1番美味しい天然の魚介類を厳選してをご提供いたします。

・お酒
 篠峯 、大倉、春鹿など、奈良の地酒を多数取り揃えております。
日本酒以外にも焼酎、ワイン、果実酒、ソフトドリンクもご準備しておりますのでお気軽にお声掛けください。